2010年08月20日

あかしむかしばなし―95歳の明石小卒業生

17回卒業生、すなわち私たち77回生の60上、
95歳の大先輩、Sさんのお宅に遊びに行き、
そしていろんなお話を聞きました。
それは、明石のことに限らず、周辺のことや、震災の時のこと、
戦争の時のことにも及びます。

お話はまだまだ続きますが、最初の三つをご紹介!

実は今、音が出せない環境ですのでアップのみでチェックしてません。
何か不都合がありましたらご報告下さい。






posted by 中村 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | あかしむかしばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明石の行方は・・・

こんばんは。
もう、いろんなところに取り上げられ過ぎて、ご紹介が間に合いません!
私自身が「明石小学校 ニュース」でググってる有様です。
それでもたぶん把握できてないのがあると思います。
(ご一報いただけると嬉しいです)
その中でも出来た所だけ、ざっとご紹介します。

8/17NHK「復興小学校」保存の意見書
http://www.nhk.or.jp/news/html/20100817/t10013397361000.html

8/17産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100817-00000588-san-soci
「復興小学校」の解体始まる 保存の声むなしく

8/17毎日新聞
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20100817ddlk13040136000c.html
・・・これに対し、区教委は「老朽化への対応や教育環境の向上が第一。数年にわたり手順を踏んで進めてきた」と説明し、改築計画を変更する考えはないとしている。

8/18NHK 復興小学校解体見合わせ訴え
http://www.nhk.or.jp/news/html/20100818/k10013432101000.html

8/18東京新聞 「明石小の歴史守って」

8/19PJニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4954273/
17日は望む会の呼びかけにより、中央区役所に20名くらいが集まり、区役所に追加署名を提出した。署名数は今回の追加分が520名、累計4237名である。区役所側の対応は非友好的であった。約20名全員で署名の提出に行こうとすると、「(提出に行く人数を)半分くらいにしていただけますか?」と要求し、失笑が起きた。

8/19毎日新聞
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20100819ddlk13040197000c.html
「区は地元の賛同を得るなど適切な手続きを経たと言うが、文化財的価値が十分に精査されていない」と工事の一時中断を求めた。

8/19 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100818/lcl1008182341004-n1.htm
「区はこの小学校の文化財的価値が明らかになる前、ただ古くなったという判断で、建て替え計画を進めてしまった。しかし、国指定重要文化財に相当する価値があることが判明したいま、工事を止めることは恥ではない。むしろ合理的な判断だ」

8/19読売新聞(江東版はこちら
http://www.nhk.or.jp/news/html/20100818/k10013432101000.html
区が建て替えの根拠として「地域住民が建て替えを要望している」と主張していることについては、「文化財的価値が取りざたされたのはごく最近。解体工事をすぐに中止し、住民へ明石小の価値を改めて説明すべきだ」と訴えた。

8/19朝日新聞 復興小解体始まる 中央・明石保存望む声なお

ひー、調べるのも書くのも大変です。
こんなに、ウェブ上でも簡単に拾えるほど沢山ニュースになってもなお
工事を止めることは考えていらっしゃらないとのこと。

何といえばいいのやら。みなさん、記事を読んでめいめいお考えください。
特に区民の方々。
ちなみに、私たちの要望書にご署名くださった区民の累計は
950人です。
950人の区民の皆様、また、署名なさっていない、または新築に賛成の皆様も
各紙、記事を読んでみてください。
そのうえで、どう思われるか、どうすべきか、お考えください。

復興小の行方、明石の行方、そして中央区の行方・・・
それを考えてみてください。
何を得るのか、何を失うのか。
posted by 中村 at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 明石建て替え関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

8月10日東京新聞夕刊

みなさまこんにちは。
当ブログの順位の件ですが。
昨日の爆発的な順位の上がり方は、
もちろん東京新聞のおかげだったようで、
今日になって2000位に落ちてます。
けど、まえは18000位でしたからね!(しつこいし自慢にならない)

さて昨日の続きで、お次は夕刊です。
一日に二回出るってすごいですよね。
しかも、1面です。
「仮囲いし、解体作業が始まった」という説明と共に明石の写真が。

「日本建築学会が「国の重要文化財に相当する」と評価し、研究者や卒業生らは工事の中止を求めていたが、区は予定通りに計画を進めた。」

一応、昨日今日の明石の状況を見てきましたが、
解体作業、というようなものをやっているようには見えませんでした。
少なくとも私たちがイメージする、何かを重機で壊すような?
大きな音がするとか、工事車両が何台も、というのはなかったです。
写真にあるのも、トラックですらないような車ですしね。
なにが言いたいかというと、「まだ間に合う」と言いたいわけです。

ん?関連8面、とあります。すごい、他のページでも取り上げてくれるようです。見てみましょう。

「文化財価値 検証は不十分」

という大きな見出しが。
はい…どう考えても区の検証は不十分ですよ。
でもこのことは後でもうちょっと詳しく書くことにしましょう。

さて、記事を見て見ると、最初のパラグラフからいきなりこんな言葉が。
「文化財保護法では自治体に文化財保存の任務があると定める」

!!
じゃあ、中央区って、文化財保護法違反じゃないですか?!

念のため文化財保護法を見てみましょう。

第一章総則

(政府及び地方公共団体の任務)
第三条
政府及び地方公共団体は、文化財がわが国の歴史、
文化等の正しい理解のため欠くことのできないものであり、且つ、
将来の文化の向上発展の基礎をなすものであることを認識し、
その保存が適切に行われるように、
周到の注意をもつてこの法律の趣旨の徹底に努めなければならない。


なるほど。
その保存が適切に行われるように。
周到の注意をもつて。
努めて…ないのではないでしょうか。みなさんはどう思われますか?

さて先に行きましょう。区のいつもの言い分のあとには
「ところが、区教委は校舎の歴史について、詳細な説明をしていなかった。」
そしてPTA会長の女性のコメント。
「PTAとしては保存でも改築でも児童が快適に過ごせることを最優先に考える」とのことです。
親御さんとして、当然のことですよね。
おそらく会長さん以外の保護者の方々も、
同じように思っていらっしゃるのではないでしょうか。

保護者の方々に知ってほしいですが
保存だと快適ではない、ということはありません。
同じ日の東京新聞朝刊をご覧ください。
高輪小学校は、保存しながら現代の教育にあった設備も兼ね備え、
生徒数も増えて、地域住民も在校生も誇りに思う学校になっています。

お子さんが快適に過ごせるはずもない仮校舎住まいが短くなり、
解体する時の騒音や粉じんによる、お子さんの健康被害も心配も大幅に減ります。

もちろん私たちはリノベーションの業者とつるんでるとかそんなんじゃありません!
建築家さんに聞いてみてください。上のお話は一般論と思いますよ。

さらに記事を読み進めます。
「『立ち止まって』検証するチャンスはあったはずだ」
これですね。
冒頭にも「どう考えても区の検証は不十分」と書きましたが、
この時系列表を見ていただきたい。

明石小建て替えをめぐる動き

2008年2月 区が基本計画に小学校3校の改築を盛り込む
   12月 改築対象校に中央、明石、明正の3校を選び、
      区議会委員会に報告

  09年3月 区が3校の改築を発表
10年1月14日 市民団体が明石小保存の署名と要望書を区に提出
  2月 3日 日本建築学会が区内に残る復興小保存を要望

  2月 7日 プールの解体が始まる
  5月20日 同学会の佐藤滋会長が明石小を視察
  7月 9日 同学会画「国重文相当」との見解を出す

  7月14日 区が同学会に「計画は変更しない」と回答
  7月31日 明石小仮校舎が完成

  8月 5日 有識者242人が保存の要望
  8月10日 校舎の解体始まる

わかりやすく色分けしてみました。
青は区側、ピンクは保存を要望する動きです。

結構突っ込みどころ満載ですが
我々の要望書提出後、区側のリアクションはもちろんなかったですが
その後の学会の要望書提出の直後にプールを壊し始めるという…
言葉ではなく態度で表わしたという感じで、
立ち止まることなく計画はそのまま進みます。

その後も、学会の「重文相当」の要望書のあと、たった5日後に回答を出しています。
しかもカレンダー見るとこの間に土日が入ってますから
たった3日しか立ち止まらなかったってことですね!

重要文化財相当、と言われて、3日しか考えないのですか…
しかも、回答に書いていた記録保存もしないで解体しようとしてるじゃないですか?
我々は記録保存なんて意味がない!と言いたいくらい本体を残してほしい立場ですが、
それでも、記録すら残さず、重文級の建物をさっさと闇に消し去るとは信じられない。

その保存が適切に行われるように。
周到の注意をもつて。
努めて…ない。と思うんですけど。どう見ても。

区の文化財保護審議会の副会長である玉井先生も、苦言を呈していらっしゃいますね。

「行政はもっと丁寧に情報公開し、住民の意見を求めるべきだ。」
同じ区内の文化財保護審議会の先生でも、立ち止まるべきと
思っていらっしゃるのに、なぜこんなにも、急いで壊そうとしているのでしょう?

明石だって、残念な解体などさせませんよ!
今からだって遅くありません。立ち止まって、みんなで考えましょう!

8/13
追記です。文化財に詳しい方が、メールをくださいました!

「そもそも重要文化財のような、指定されたものでないと
文化財と言わないと思っている人も多いと思います。
だけどそうではないというのが『文化財保護法』の
第一章2条にありますので見てみて下さい」
というようなアドバイスを頂きました。

(文化財の定義)
第2条
この法律で「文化財」とは、次に掲げるものをいう。
1.
建造物、絵画、彫刻、工芸品、書跡、典籍、古文書 その他の
有形の文化的所産 で
我が国にとつて歴史上 又は 芸術上 価値の高いもの
(これらのものと一体をなしてその価値を形成している
土地その他の物件を含む。)
並びに 考古資料 及び その他の学術上価値の高い歴史資料
(以下「有形文化財」という。)

(以下略)

ということは、現在明石小学校はあくまで「重要文化財相当」であり、
重文に指定されたわけではありませんが
「まだ重文なわけじゃないもんね、だから壊しても文化財保護法違反じゃないんだよーん」
なんて言うことを言う人がいたとしたら
思いっきり「違います!」といえますので、
皆さんも周りに誤解なさってる人がいたらぜひ言ってやってください。

posted by 中村 at 18:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 保存活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。