2010年09月18日

9月7日の区民文教委員会

私は傍聴に行けなかったのですが、
傍聴に行った「望む会」メンバーがメモをもとにレポートを書いてくれました。
以下、その内容をもとに私がかいつまんで記事にいたします。
議員の発言等はテープおこしとは違いますから、若干違うかもしれませんし
傍聴者の主観が入っているかもしれませんが、さほど大きくは違わないと思います。

2010/9/7 13:30〜17:00
区民文教委員会

区民文教委員会出席委員
委員長 青木幸子(友愛)
副委員長 磯野忠(自民)
議長 中嶋寛明(自民)
委員 今野弘美(自民)
原田賢一(自民)
田畑五十二(公明)
鞠子勝彦(共産)
渡辺博年(民主区民クラブ)

傍聴議員は委員を含み全議員29名中23名


傍聴議員は多かったのですね。
もちろん、議題は明石のことだけではありませんが。

斉藤部長より11項目の報告。明石小については、9項目め。
基本的に8月23日の区長からの宣言文をそのままですが、気になったところ
●学会対応についてとして説明があった。
5月20日の見学時に保存活用についての合意はなかったので、
8月16日の学会からの見解に対し、訂正は不要と認識している。
●文化財審議会員の有志の方々が見学を行い、
有志の方々で保存要望書を出した。


例の、学会の見解
「建築学会として記録を残しておくと(ママ)とと、
改築の中で一部保存活用可能な部材を残す工夫をすることを双方で確認」
というあの文言ですが、「双方で確認」は「合意はなかった」ということだそうです。
部材保存等のお話をして、そのことを建築学会の先生方が聞いた、
というだけのことが言いたかったそうです。
ちなみに確認という言葉を辞書で引くと
1 はっきり認めること。また、そうであることをはっきりたしかめること。
「安全を―する」「生存者はまだ―できない」
2 特定の事実や法律関係の存否について争いや疑いのあるとき、
これを判断・認定する行為。当選者の決定など。
(デジタル大辞泉より)

双方で、はっきり認める…
双方でそう(部材保存)であることをはっきりたしかめる…
どう置き換えても「合意」と一緒な気がしてしまうのは私だけでしょうか。

もう一つの文化財審議会員の件は、やたら「有志の」と繰り返したようですね。
要望書は、9月2日の東京新聞の記事によれば
「委員八人のうち、区非常勤職員を除く七人が連名で提出した」とのこと。
私たちの署名は、教育委員会
「また、確かに反対の要望書は出ましたが、要望された方の中で
地元の方は極く少数であります。」と言って黙殺されたわけなのですが、
こちらは「極く少数」の文化財議会員がサインしなかったから、「有志」ですか。
極く少数の地元の声は聞けませんが、
極く少数の文化財審議会員の存在はものすごく重要なようです。
区非常勤職員という、この会員さんの立場がものすごく気の毒です…。

長くなりますので、続きは次の記事で。

posted by 中村 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 明石建て替え関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/9/7中央区区民文教委員会

私は傍聴に行けなかったのですが、
傍聴に行った「望む会」メンバーがメモをもとにレポートを書いてくれました。
以下、その内容をもとに私がかいつまんで記事にいたします。
議員の発言等はテープおこしとは違いますから、若干違うかもしれませんし
傍聴者の主観が入っているかもしれませんが、さほど大きくは違わないと思います。

2010/9/7 13:30〜17:00
区民文教委員会

区民文教委員会出席委員
委員長 青木幸子(友愛)
副委員長 磯野忠(自民)
議長 中嶋寛明(自民)
委員 今野弘美(自民)
原田賢一(自民)
田畑五十二(公明)
鞠子勝彦(共産)
渡辺博年(民主区民クラブ)

傍聴議員は委員を含み全議員29名中23名


傍聴議員は多かったのですね。
もちろん、議題は明石のことだけではありませんが。

斉藤部長より11項目の報告。明石小については、9項目め。
基本的に8月23日の区長からの宣言文をそのままですが、気になったところ
●学会対応についてとして説明があった。
5月20日の見学時に保存活用についての合意はなかったので、
8月16日の学会からの見解に対し、訂正は不要と認識している。
●文化財審議会員の有志の方々が見学を行い、
有志の方々で保存要望書を出した。


例の、学会の見解
「建築学会として記録を残しておくと(ママ)とと、
改築の中で一部保存活用可能な部材を残す工夫をすることを双方で確認」
というあの文言ですが、「双方で確認」は「合意はなかった」ということだそうです。
部材保存等のお話をして、そのことを建築学会の先生方が聞いた、
というだけのことが言いたかったそうです。
ちなみに確認という言葉を辞書で引くと
1 はっきり認めること。また、そうであることをはっきりたしかめること。
「安全を―する」「生存者はまだ―できない」
2 特定の事実や法律関係の存否について争いや疑いのあるとき、
これを判断・認定する行為。当選者の決定など。
(デジタル大辞泉より)

双方で、はっきり認める…
双方で、そう(部材保存)であることをはっきりたしかめる…
双方で、判断・認定する…
どう置き換えても「合意」と一緒な気がしてしまうのは私だけでしょうか。

もう一つの文化財審議会員の件は、やたら「有志の」と繰り返したようですね。
要望書は、9月2日の東京新聞の記事によれば
「委員八人のうち、区非常勤職員を除く七人が連名で提出した」とのこと。
私たちの署名は、教育委員会
「また、確かに反対の要望書は出ましたが、要望された方の中で
地元の方は極く少数であります。」と言って黙殺されたわけなのですが、
こちらは「極く少数」の文化財議会員がサインしなかったから、「有志」ですか。
極く少数の地元の声は聞けませんが、
極く少数の文化財審議会員の存在はものすごく重要なようです。
区非常勤職員という、この会員さんの立場がものすごく気の毒です…。

長くなりますので、続きは次の記事で。

posted by 中村 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 明石建て替え関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日のつぶやき

akashi77 / 中村敬子
応援ツイート下さった方、フォロー下さった方、本当にありがとうございます。一人一人にお返事がなかなかできず申し訳ありません。今後も明石関連の企画、やっていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。 #akashi_hozon at 09/17 12:31
posted by 中村 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 保存活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。