2011年01月14日

展示「解体された明石小学校」

告知がすっかり遅くなってしまいました。本当にごめんなさい。
私たち「明石小保存を望む会」で一緒に活動をして下さった
日色真帆先生が中心となり、愛知淑徳大学内で下記の催しを
開催してくださっています。
お近くの方はぜひ足をお運びください。

「解体された明石小学校」
関東大震災後に東京に建てられた復興小学校の一つであった
「中央区立明石小学校」の改築(建て替え)計画に対し、
保存再生(リノベーション)案をつくり保存活動を展開してきました。
しかし計画は見直されることなく、校舎は2010年秋に解体されました。

明石小学校と復興小学校について、写真と映像を展示します。

日色真帆(愛知淑徳大学 タラオ・ヒイロ・アーキテクツ)
2011年1月4日(火)―1月21日(金) 9:30―18:30 土日祝休 入場無料

愛知淑徳大学 長久手キャンパス 8号棟5階 ミニギャラリー
主催:愛知淑徳大学 メディアプロデュース学部 都市環境デザインコース
〒480-1197 愛知県愛知郡長久手町長湫片平9 tel 0561-62-4111(代)

posted by 中村 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180640310

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。