2011年04月30日

4/27東京新聞に復興小関連記事

ゴールデンウィークに突入ですね。
みなさまどうお過ごしでしょうか。

さて、地震直後に気になって用事のついでに泰明小を見に行き
(外観だけですが)全く変わりなくそこに建っていたのを見て
また、明正小学校に行った方のお話を聞いても全く被害なしとのことでしたので
「やっぱりすごいぞ復興小!」と、内心軽くガッツポーズでした。
しかし東北で甚大な被害が出て、また東京でも
地震による被害者はいらっしゃいましたので
地震直後に言うべきではない話題かなと、泰明の様子だけを写真付きで
ツイッターでつぶやくのみにしておりましたが
復興小問題をずっと追いかけてくださっている東京新聞が
記事にしてくださったとの連絡を受けたのでご紹介です。

以下抜粋
「東京都内には、関東大震災後の帝都復興事業で建てられた学校や
公共施設、橋などが今も残る。いずれも築80年前後の古い建造物だが、
東日本大震災による震度5強の地震でも、びくともしなかった。
当時の最新の技術が結集された『復興建築』群から、学ぶべきことは。」

「中央区では昨年、復興小の代表例で『国の重要文化財(重文)級』
とされた区立明石小が解体され、住民の反発を招いた。
『研究会』メンバーの大橋智子さんは『震災後、国の未来を真剣に考えた
人たちの流した汗の跡として、復興小は
未来に受け渡されなければならない』と語る。」

全文はこちらから!
東京新聞110427.pdf

先日両国にある「震災復興記念館」に行って参りましたが、
ここには関東大震災の資料が展示してあります。
関東大震災は、このたびの震災のような
津波被害よりも火災被害が多かったようで、
この記念館が建つ場所(かつての被服廠跡)で
実に3万8千という大勢の方々が焼け死んだそうです。
焼け野原の写真もありました。文字通り、何もない焦土でした。
ここから、あれだけの数の小学校、橋、多くの頑丈な建物、市場を建てて
戦災でも壊れず残り、またこのたびの地震でも全く被害がないとは。

これらを見ていると思うのです。
東北の復興も、必ずできる、かつてこうして
お手本を見せてくれた人たちがいるんだから、と。
もちろん、津波と火災だと違うと思いますけれども私が言いたいのは
ガッツの問題です。
こうした先人のガッツが形になって残っているというのは
これからの復興にも糧となるのではないでしょうか?

これからもメンテナンスさえしっかりすれば、きっと復興建築たちは
災害時にも頼れる存在でい続けてくれるはずです。
この地震をきっかけに、復興建築や古いけれど危険ではない建物まで
見境なく壊されたりすることがありませんように。
posted by 中村 at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 明石建て替え関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198452424

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。