2010年09月27日

NHKラジオ「時の話題」

こんばんは。
ツイッターには書いていたのですが
家のPCのルータ設定を誤って変えてしまって大騒ぎでしたが
先程なんとか復活できました!メール等も無事に届いています。
お騒がせいたしました。

今朝のNHKラジオの内容をご紹介します。

「都市の記憶を失う前に」

関東大震災の後に建て替えられた復興小学校のひとつで
重要文化財級の価値があるとされる東京中央区の明石小学校が
建て替えを前に、解体作業が続けられています。
一方、東京千代田区では復興小学校の校舎を保存・再生させて
使い続けられるかどうか教育環境の調査を行うことになりました。

都市の記憶を伝えていく上で重要な役割を果たす歴史的建造物の
保存問題について毛利和雄解説委員に聞きます。

Q1 東京中央区の明石小学校は、建て替えのために
解体作業が始まったことは、今月はじめにこの時の話題でも
お伝えしましたが、千代田区の九段小学校は
保存再生することになったのですか?

A1 関東大震災の後に建て替えられた復興小学校は
建設後80年余りたっていますが、明石小学校の建て替えを機に、
他の復興小学校や戦前に建てられた小学校について
歴史的な建物としての価値がある校舎は保存再生、
リノベーションして使い続けられないかどうか関心が盛り上がってきています。

復興小学校は117校あり、現在も校舎として
使い続けられているのは10校です。このうち千代田区の九段小学校は、
9月16日日に区議会で取り上げられ、石川雅己区長が、
「『保存』を含め、基礎調査を行う」と答弁しました。
これは保存再生が決まったということではなく、
他の小学校も含め教育環境を改善するには
どのような整備手法があるか調査する。
その結果、九段小学校を保存できることがわかれば、
保存の方法を考えるということです。

Q2 解体作業が始まった明石小学校は、
事前に校舎を保存できるかどうか調査はされなかったのですか?

A2 耐震調査が行われ補強工事が行われています。
したがって耐震性能はとくに問題ないのですが、
コンクリートの中性化がかなり進行していると
区では説明しています。それに加え中央区では、
児童の数が増えてきている中で教育環境の整備を図ることと
地域の防災拠点としても整備するには建て替えのほうが
望ましいとして建て替えることを決めたとしています。

解体作業は、建物を象徴する玄関から始め、作業が続けられています。

Q3 千代田区は、明石小学校の建て替えに
批判的な報道も多いし、そうしたことを意識して
保存の検討を始めることになったのですか?

A3 その辺は微妙なところでしょう。
もっとも千代田区の石川区長は、九段小学校は区の
「景観まちづくり重要物件」に、また国の「近代化産業遺産」に
選ばれているので、保存に向けて調査することにしたと説明しています。

二人の区長の判断の違いが対照的ですが、思い浮かぶのは
2年前の正月に派遣切りにあった人たちの宿泊場所を確保できるかどうかが
問われた年越し派遣村の時のことです。
厚労省が区の施設を提供するよう千代田区に要請したのに対し、
千代田区長はまずは国が対処すべきだとして断った。
しかし、中央区の矢田美英区長は空き校舎を提供したことがあります。
年越し派遣村の問題だけでなく、今回の問題でも、
最後は区長の決断によるところが大きい訳ですが、
結果は今回も対照的となりました。

もっとも老朽化した校舎を保存再生し
使い続けられるかどうかの判断は、
個人の恣意的なものであってはならないし、
科学的な調査をもとにしたものでなければなりません。
九段小学校の今後の調査結果を待ちたいと思います。 

Q4 歴史的な校舎の保存は難しい問題ですね?

A4 その通りですが、東京の中心部における小学校の場合は、
都心回帰に伴って超高層マンションがあいついで建ち、
児童数が増えているという問題も重なっています。
かつてはドーナツ化現象に伴って、東京の中心部の小学校は
統廃合が行われていましたので建て替えの必要性も薄かったのですが、
今度は児童の増加の対応に迫られているという背景があります。

そうした事情がありますが、文科省が学校の校舎建て替えを認め
補助金を出す算定基準のなかに、歴史的な価値の高い学校の校舎を
保存していこうという動機づけが働く基準がないことが
問題だという指摘も出ています。

校舎には児童や父母、卒業生の思い出がこもっています。
名古屋市長の河村たかしさんが衆議院議員の時に
「母校の校舎を建て替えで壊すな。名古屋に恥をかかさんでくれ」と
校門に座り込みをした愛知県立旭丘高校の建て替えの問題の時にも
算定基準の問題が指摘されました。
その時から何年も経ちますが、そのままになっています。
文科省は、この点は、ぜひ改善してもらいたいものです。

Q5 歴史的な建物を将来に伝えていくために、
さまざまな問題が浮かび上がってきている訳ですね?

A5 都市の記憶を将来に伝えていくために、
さまざまな対策が必要だと思います。そのひとつとして学校だけでなく
歴史的建造物の悉皆調査をやる必要があるのではないでしょうか。
建て替えるか、それとも保存再生するかを、
その必要に迫られて場当たり的な判断をするのではなく、
建物の歴史的な評価を普段からしておく必要があると思います。
という提言をしますと、民間所有の建物は所有者の
理解が得られなければ、調査もできないという反論が返ってきます。
そうだとすれば、まず学校を含め公共建物を手始めに
近代の建物の歴史的価値の調査に国が主導して
取り組む必要があるのではないでしょうか。

成熟する日本、国際都市東京にとって都市の記憶を
未来に伝えていくことは大きな課題です。


以上です。
「都市の記憶」という言葉が印象的ですね。
お話の中に出てきた旭丘高校の建て替えを巡る経緯は
「消された校舎―旭丘高校校舎建て替えてんまつ記」に詳しく書いてあります。
算定基準というのは、私も専門ではないので良くわかりませんが
この本によると、何かしらの計算方法で点数をつけ
一定の点数がとれない建物に対して
「この建物は危険で建て替えたほうがいいから、補助金を出します」という
制度があるようなのです。
この計算が、どうやら築四十数年以上の場合、ものすごく不利なのだそうです。
旭丘高校も、コンクリートの質は高く、その他の部分での点数は
とても高かったにもかかわらず、築年数がその基準以上であったがために
ある部分での点数が0点になってしまったそうです。
(ということは、もちろん明石も、他の復興小も同じですよね)
ですから総合得点はもちろん低くなってしまう、ということです。

文科省は文化財保護しなければいけない立場でありながら、
この上のような計算での建て替え補助金を出すことで、
図らずも文化財破壊に補助をしているという、
とても変なことになっています。
確かに戦後の建物では、本当にとても危険なものもありますから
むしろそういったものを優先的に補助金出して建て替えて欲しいですし。
もっと違う算定方法を考えるべきですよね。

これは毛利解説員のおっしゃるように、ぜひ変えてほしいです。
この運動も、そのうち出来たらいいなと思います。

2010年09月18日

区民文教委員会・その3

前回に続いての区民文教委員会のレポートです。

下記イタリック体の部分は傍聴者のレポートです。
テープ起こしではなく、メモと記憶をもとに起こしてくださったので、
多少違う部分があるかもしれません。ご了承ください。


次は公明党の田畑委員の質問だったようです。

子どもの教育的見地ののためとこれをかさにきて、何でもやるのは問題がある。


というのはよくぞ言って下さったと思いました。

今日まで行われてきた委員会の在り方も、
もっと意見を深める場であるべきではないか?


と、文教委員会のあり方にも問題提起なさっている。ごもっともです。

また
明石小学校の件は大きな波紋を呼んで、議論があった。建築学会、
建築家協会から保存要望があった。地域にあっても署名要望があった。
そうした中で、報告にもあったが改築を要望する請願が20年前にあった。
先生方もそこの紹介議員になっている。当時も老朽化が問題になったが、
それがまた新たに持ち上がった。
経緯もわかった。言い分もわかった。
最近の動きの直近のことで、先週望む会の方々と意見交換したと聞いている。
その時の要旨を聞きたい。


との質問が続く。

(区長)
明石の計画について色々騒がれていて、恐縮です。
9月2日に望む会の中村敬子さん、愛知の大学のHさん、
建築家のTさんとみえた、みなさん立派な方方です。
区長、副区長、教育長3人で面会しました。
中村さんは卒業生だが、請願のこと知らなかったようだ。
当時は話題になった。
中村さんが校舎に愛着があると述べていて、それはよくわかる。
京橋小に自分の兄弟も通ったので、気持ちはよくわかるが、
経緯があって、改築に踏み切った。
教育的、安心、安全でなくてはならないと言った。
理解頂いたのではないかと思う。


…その日の私のツイートです。
もうそろそろ諦めろよ、と言われるのでしょうが、
そう簡単にあきらめられるような建物じゃないから、まだ諦めません。
「ご理解ください」という言葉に対して、「はい」とは言えません。
少なくとも私は言いません。
そしたら「納得頂いた」と言われてしまうのでしょう?


実際、ご理解くださいという言葉にうなずきもしませんでした。
会談は「明石のことは、声明文や記者会見した通りで、
それ以外言うことは何もない。
今後の復興小のためのリノベーション案を聞くのだ」
という風に、最初から秘書さんや副区長さんに言われていたので
私の出る幕はほとんどなかったわけですが。

会談の最中、私は、区長さんのお顔をずっと見ていました。
母校の京橋小のお話をなさる時の嬉しそうなお顔を見ると
私の気持ちは分かるという言葉は本当だと思います。

そして、「京橋小も、今でも残っていたら
重文になったかもしれない」などとおっしゃるのですから
私が「ご理解」出来ないのもおわかりではないでしょうか。
ですからしつこく続けさせていただきます。

2010年08月11日

8月10日東京新聞朝刊

びっくりです!今見たらこのブログ、800位台まで上がってました!
1か月前は18000位くらいだったのに…これはこれで低すぎかもですが
これだけ、テレビや新聞で明石小学校の話題を目にする方が増えたということですね。
見に来てくださった方、ありがとうございます。
情報は遅いですが、充実してるのはHPのほうかもしれませんので
併せてご覧いただければと思います。
http://www.justmystage.com/home/akashihozon/
素人(私)が一生懸命作りました☆

さてさて8月10日は東京新聞に明石の文字が踊りました。

まずは朝刊。こちらは、明石の記事というよりは九段小と高輪台小のことですけれども、明石の情報もちょっと載ってます。
しかし何より一番興味を引くのがこのあたりの記述。

「地域の象徴であり、住民や卒業生の意向も踏まえ良いものは残そうとした」と区教育委員会の担当者。

区教委と住民や卒業生との意思疎通がうまくいっていたということでしょう。
一方中央区は、教育長自らが「PRの仕方も反省しなければいけない」と認めていらっしゃいました(涙)
他方で、住民や卒業生たちも、区政や教育に無関心という現実もあるかもしれません。
これはこちらが反省しなければいけないわけなんですが。

それはそれとして、次に行きましょう。
「費用は28億円で、全面建て替えよりも安く上がった」


はい。

全面建て替えよりも安く上がった

大切なので繰り返してみました。

良く言われる「リノベーションって新築よりも高くつくんでしょ?」というあれは、誤解ということですね!
我々高輪台小学校を視察させてもらいましたが、
それはそれは立派な体育館も増築されていて、それでも

全面建て替えよりも安く上がった

くどいですか。すいません。でも、だって。

本当にここ誤解してる方多いと思うのですよ。

誤解してインプットなさっていた方、すぐに上書きなさってください。
しかしその次に来るのがたぶん
「でも維持におカネがかかるんでしょう」
ってヤツですよね。
これは、確かにそうかもしれませんが、もしも重文になれば
国からの補助金が出るはずです。
それにこちらの記事でも話題にしましたがメンテナンスが必要なのは、新築でも同様です。
そして、30年で壊れるなんてこともないわけです。

それにしても九段小チームは動きがいいですねぇ。
実は同窓会のかたにお会いしたことがありますが
「写真で見ましたが、素敵な学校ですね」というと
「そうでしょう!いつでも見学に来てください、ご案内します!」と嬉しそうに言って下さいました。
自慢の校舎なんだなぁ、と、こちらも嬉しくなりました。
明石の兄弟、九段小に幸あれ!です。

明石もまだまだ解体と言っても本体が壊されたりしているわけではありません。
あきらめないで、みんなで保存の声を上げていきましょう!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。