2011年03月25日

【イベント中止のお知らせ】よみがえる「慰霊と復興」の記憶

先日ご紹介しました関東大震災資料調査会主催のイベント
よみがえる「慰霊と復興」の記憶についてですが、
残念ながら中止が決定したとの情報を頂きました。

以下、主催の方から中止のお知らせ文を頂きましたので掲載いたします。

■3月26日イベントの中止のお知らせ
 東京都慰霊堂に置きまして開催を予定しておりました
慰霊堂保管資料の紹介と講演会・ライブ演奏会をすべて中止いたします。
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震は予想外の大きな被害をもたらし、
阪神大震災を上回る死者が出ました。
また、被害に遭われた多くの方々が避難所で苦しい生活を強いられています。
さらに、地震で被害を受けました福島第1原発の事故処理に
終りが見えない現状では、野外での演奏会にも心落ち着かないものがあります。
 このような状態でイベントを実施することは、
わたしどもの企画の趣旨にもそぐわないと思いますので、
中止することにいたしました。
ご理解いただきますようよろしくお願い申しあげます。


******************

現在東日本は奇しくも「大震災」という同じ災禍に見舞われ、
慰霊と復興を願う我々の心は、この震災においても同じであります。
しかし、やはりいままさに甚大な被害をこうむっている方々の心境や、
予断を許さぬ状況を考え、中止を決断なさったのであろうと思います。

もう少し落ち着いて復興について考えられるようになったその時に
開催していただけたらと思います。

このたびの地震で被害に遭われた方々の心に一日でも早く安らぎが戻りますよう
そして亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

posted by 中村 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

【イベント案内】よみがえる「慰霊と復興」の記憶

こんにちは!
桜のつぼみもだいぶ膨らんできましたよね。
そろそろお花見の日取りを決めたい季節になってきました。

東京大空襲から66年の今日、東京都慰霊堂で
「春季慰霊大法要」(東京都慰霊協会主催)が開かれたそうですね。
タイムリーというか、そんな日にこのイベントのお知らせをいただいたのでご紹介いたします。

【開催趣旨】
関東大震災と東京大空襲の慰霊施設である、東京都慰霊堂の収蔵庫には
約4千点以上の様々な資料が保管されています。
これらの膨大な資料群について、2008年度から神奈川大学非文字史料研究センターおよび、
関東大震災資料調査会が調査を実施してきました。
このたび、調査の終了を記念して、講演会および復興記念館の見学会、
そして、「慰霊と復興」をテーマにしたライブを開催いたします。
関東大震災と東京大空襲の記憶を未来に継承していくための
機会のひとつとなればと考えています。多数のみなさまにご参加いただければ幸いです。
(パンフレットより)

日時:2011年3月26日 13:00〜16:00
会場:東京都慰霊堂(事前申込不要)

問合せ先
(財)東京都慰霊協会 電話03-3623-1200

関東大震災は復興小学校建設のきっかけになった災害ですし
東京大空襲も、風化させてはならない出来事です。

つらいけど忘れてはならないこれらの過去を、改めて知るいい機会になりそうです。

posted by 中村 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

検見川送信所 保存元年「明石小」と「田中絹代ぶんか館」に学ぶ

みなさま、しばらくでございます。お元気でしたか?
東京は昨日雪で驚きましたが、今日はいいお天気です。

さて、「検見川送信所を知る会」からのお誘いで、
明石のことをお話する場を作っていただきました。

kemigawaevent.pdf

PDFが見られない方は検見川送信所を知る会ホームページのイベント情報をご覧ください。

日時:2011年3月6日(日)開演:午後1時45分(開場1時30分)
場所:千葉市文化センター(千葉県千葉市中央区中央2丁目5−1/ 043-224-8211)
入場無料
主催:検見川送信所を知る会
ホームページ http://kemigawaradio.web.fc2.com/
メール kemigawaradio@gmail.com


検見川送信所を知る会の方々は、明石の保存活動の時に
かなり初期から親身に応援して下さって、その節は本当にお世話になりました。
同会は建築の専門家や建築団体ではなく、広い意味での地元住民
(ここには建築家も含まれます)が中心となって運動をなさっているそうです。
そうした運動の仕方は、我々の明石小保存を望む会と似ていますので、
今後の「知る会」の運動に少しでもお役にたてればと思い、
しゃべるのは下手ですが、頑張って明石のことをお伝えしてこようと思います。
お近くの方、ご興味おありの方はぜひお越しくださいませ!

posted by 中村 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。