2010年05月18日

トークイベント「あかしむかしばなし」開催!

すっかり暖かくなりましたねー。
一年の中で、春と秋が好きな私としては、
このまま暑くもなく寒くもなくあって欲しいと思ってしまいます。

さて、またまたご無沙汰してしまっておりましたが、
やっと皆様にお知らせできるような形にまで
なってきましたので告知させていただきます。

「あかし むかしばなし―卒業生が語る明石小の思い出」

日時 平成22年6月13日 14:30〜
場所 カトリック築地教会(東京都中央区明石町5-26)

第一部 藤岡洋保東京工業大学教授による講演
「東京市の復興小学校を語る─市民に優れた公共建築を─」

第二部 明石小卒業生たちと建築家によるトークイベント
「あかし むかしばなし―卒業生が語る明石小の思い出」



望む会主催としてのイベントは、前回の築地教会での写真展を最後に
行っていなかったのですが、実は第一回写真展のころから
構想を練っていたのです。
きっかけは、第一回写真展に来て下さった多くの方々の昔話です。
明石の写真を見ながらみなさん
「私たちのころは…」と思い出話をして下さいました。
それが、年代によってかなり違って、どれも興味深い話でした。

観にいらして下さった建築家の方などが、その話を耳にして
「こういう、体験者のお話というのは本当に貴重。
どうにかしてこういう方のお話が聞ける機会を設けたらどうか」
とおっしゃいました。

私の親は、私が生まれた時に別の地域から引っ越してきたので、
私自身こうした明石の郷土史や明石小学校の昔のお話を
今まで知る機会がありませんでした。
明石町も新住民が増えていますし、多くの家庭が核家族だと思いますので
わたしと同じように、現在近隣にお住まいの方でも知らない人は沢山いらっしゃると思います。
こうした方々や、建築史、教育史などを研究なさっている方々など
多くの方に興味を持っていただける内容にしたいと思っています。

しかも、第一部はあの藤岡先生が講演して下さることになりました!
私がまだ復興小学校という言葉すら知らない時に
藤岡先生の論文を読んで勉強したつもりで、書いた記事がこれです。
そして講演会にも行き、すっかり藤岡先生ファンな我々。
そんな先生に来ていただけるなんて、本当に感謝の言葉もありません。
ちなみに、藤岡先生はNHK首都圏ネットワークでコメントもして下さっています。


会場は、今回も築地教会さまに提供していただきました。
ご協力ありがとうございます。
明石小の目の前の立地で、明石小の昔にタイムトリップしてみませんか。
多くの方のご来場をお待ちしています。

チラシはこちらから。どうぞ周りの方にもお声掛けください。

お問い合わせは、akashihozon@gmail.comまでお願いします!
posted by 中村 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。